立地面で文句なしの横浜の霊園の種類

故人にいつでも会いに行けるメリットが大きいのが横浜です。交通機関も発達しておりアクセスしやすいですので、好きな時に立ち寄れるため、手入れもしやすく多くの方に利用しやすい環境です。一方、繁華街を少し離れるだけで静かになり、自然もありますので落ち着いた雰囲気で、眺めも良いところもあります。こんな環境であれば故人にとっても、また利用する方にとっても利便性と雰囲気の両方で納得がいく霊園が横浜には多くあります。では、どんな種類があるのか、実際にいくつか挙げてみましょう。多様性に富んでいるので、自分に合った、好み霊園が見つかることでしょう。それによって予算も異なってくるので、場所や広さなども踏まえて選ぶと後悔のない、故人らしい場所を見つけることができます。

一般的なものでも雰囲気はいろいろ

お墓と言えば墓地に様々な方のお墓が並ぶものが一般的です。横浜の霊園でもこのタイプが多いですが、それでも様々なタイプがあります。古くからのお寺が管理するもの、整備された敷地にあるものも多いですが、中には宗教を超えていろいろな様式のお墓が並んだものもあります。個人が音楽が好きだったなら楽器をモチーフにした墓があったり、洋風なお墓があったりと自由度の高い場所もあります。もしこだわりがあるようなら、このようなアレンジのできる墓地を選ぶこともできます。もちろん。できる範囲には限りがありますが、事前に相談すればできる範囲を確認して満足度の高い弔いができます。また、海を見渡すことができる場所もありますので、海が好きだった方などにも最適なロケーションです。

意思を尊重できる自然派の墓地もあります

最近は、いろいろな形の墓地を求める方が増えてきています。例えば残された方の負担を減らしたいということで、室内のコンパクトな墓や自然葬なども増えてきています。室内の場合、それぞれ決まったスペースがあり、そこを墓として必要なものをしまっておくことができます。風雨にさらされないのでかえってきれいに保てるというメリットもあります。また、自然葬では木の下を墓としたり、多くの方と一緒に自然の中で埋葬されるなどの新しいタイプもあります。どれも故人が眠っていることには変わりはないので、その場所で故人を偲べばいいので変わりはありません。さまざまなニーズにこたえることができるように、バラエティーが豊かに揃っているので、どのタイプがいいのかを良く吟味して選ぶことができるのもメリットです。